透析施設の看護師は稼げるの?

透析センターなどで働く看護師の給料は、平均年収で見ると450万円程度と言われています。これは、基本的に夜勤がない勤務形態であると考えれば高いと言えるでしょう。

 

ただ、夜勤のまったくない病院の外来、透析専門のクリニックなどの勤務では、平均すると430万円ほどの年収とも。
もちろん地域、施設の形態、働き方によって大きく幅があるのも特徴でしょう。

 

常勤で夜勤ありの場合、10年以上勤めている方は賞与も合わせ500万円以上の年収の方も少なくありません。

一般病院の透析室で働いている場合などは、病棟よりも準夜手当が安く設定されていることもあるようで、やはりその場合は不満に感じている看護師も多いです。確かに、同じ時間働いているのに透析室勤務になったとたんに給与が減ってしまうのは納得しずらいでしょう。

 

透析看護の認定看護師になれば、手当が出る施設もあります。これも施設によってどのくらい厚遇されるかが変わってきます。
認定看護師を目指しているなら、入職する施設のそういった部分も確認しておきたいですね。

 

クリニックによって、透析サイクルが2クールのところもあれば、3クールのところもあります。月・水・金曜日は1クールというように、曜日によって違う場合も。
最近では患者さんの社会復帰を応援する意味でも、毎日夜間透析を行っている透析センターもあります。

 

給料だけで無くそういった施設の特徴や勤務形態なども考慮して決めましょう。
仕事内容としては、一般病棟などとくらべ特殊です。もしも未経験の場合には、教育のシステム、研修がしっかりとしている施設を選んだ方がいいでしょう。

 

失敗しないためには、自分ひとりで探すよりも、職場の雰囲気なども教えてもらえる転職サイトを利用してください。
特別に必要な資格もないので、経験がなくても安心してください。